産科・出産|徳島県石井町の産婦人科|妊娠、出産

なかたに産婦人科
アクセス
電話番号 088-674-1295

なかたに産婦人科 産科・出産について

なかたに産婦人科 出産まで

妊婦検診

すこやかな赤ちゃんをご出産していただくために赤ちゃんが順調に育っているか、お母さんの体に異常が起こっていないかを、常に知っておく必要があります。妊娠中は定期的に診察を受けてください。また、気になることや心配事はその都度質問して解決することが大切です。

[妊婦検診の公費負担について]
安心・安全な出産のために必要とされる妊婦検診の受診回数(14回程度)分の検査費用については助成が全市町村で実施されています。
自治体によっては、その他の検査(超音波検査・歯科検診・産婦健康診査など)を助成しているところもあるようです。
公費負担される検査項目は自治体によって異なり、助成対象になっていない検査が必要な場合は、検査費用について自費をいただきます。
母子手帳と一緒に、妊婦健診受診券(自治体によっては補助券)をもらうことになりますので 妊婦検診を受ける時には、受診票(補助券)を持参してください。

徳島県外より里帰り出産される方は、申請により助成額まで健診費用の払い戻しを受けられる場合がありますので、お住まいの自治体にご確認ください。
ご不明な点はどうぞ受付までお尋ねください。
妊婦健診

前期母親教室

妊娠全般にわたる注意点の説明を行っております。

場所 なかたに産婦人科マミーホール

時間 毎月第1月曜日午後1時30分

内容 妊娠中の生活、栄養指導

前期母親教室

後期母親教室

入院時、分娩時の説明を行っております。

場所 なかたに産婦人科マミーホール

時間 毎月第2月曜日午後1時30分

内容 分娩時の呼吸法、栄養指導

4D超音波診断装置

最新技術、高精度画像の4D超音波診断装置では普段は見ることのできない、お腹の中の赤ちゃんが動いている様子を見ることができます。

元気に動き回る赤ちゃんを見ると、安心すると同時に、とてもかわいく思えてうれしいですよね。

時には手足を動かしたり笑っている様子が見られることもあります。パパやママにとっては感動的で楽しいひとときです。



最新設備「4D超音波診断装置」画像提供:シーメンスヘルスケア株式会社

お母さんのお腹にいる赤ちゃんの動いている様子や顔の表情をリアルタイムで見ることができます。少しずつ大きくなる赤ちゃんを見ることにより、だんだんとお母さんになっていくことを実感されることと思います。

4D映像 提供:シーメンスヘルスケア

立体的な胎児のカラー写真とモノクロ写真を無料でさしあげております。

妊婦健診時は無料、その他ご希望時は1,000円(税込)頂いております。

3D写真 提供:シーメンスヘルスケア

安全なお産

当然のことかもしれませんが、お産で求められるのは何よりも“安全性”です。

すべてのお産に医師自ら立ち合い患者様一人一人のニーズに寄り添いながら、真心を込めて新しい生命の誕生を全力で支えてまいります。

なかたに産婦人科 出産入院

入院生活について

当院はLDR方式を導入していますので、分娩時は1階101号室に入院していただきます。

出産後は個室でリラックスしていただけます。

当院では、「入院中に疲れをとり、退院後の育児に備えたい」という声にお応えし、夜は赤ちゃんを新生児室でお預かりして、スタッフがミルクをあげています。夜はゆっくりと眠り、昼間は母子同室で授乳やおむつ替えなどの母親としての役割に慣れていただけるよう看護師が皆様に寄り添いケアを行っております。夜間も授乳したいという方には、赤ちゃんが泣いたらお母さまにお声かけすることもできます。 もちろんご希望があれば、母子同室でもお過ごしいただけます。

分娩室

入院中の食事

バランスのとれた、栄養たっぷりのお食事を、お部屋にお持ちします。

栄養バランスを第一に考え、地元の食品と旬の食材を使って バラエティーに富んだ食事でおもてなしいたします。

出産を祝っての特製オリジナルディナー 入院中の食事

おつかれさまの気持ちを込めた
お祝い膳 松花堂弁当

入院中の食事

おっぱいマッサージ

当院では母乳育児を推進しております。

妊娠中から乳房のチェックやお手入れの方法を指導し、各個人のおっぱい記録カルテを作成しております。

おっぱいマッサージ

離乳食講習会、育児相談

赤ちゃんの月齢に合った講習会を行います。講習会の後、個別の育児相談も行います。お気軽にご参加ください。

詳しい日程は、退院時にお知らせします。

離乳食講習会

保健師・看護師による何でも相談

自分自身の子育ての経験からご相談に応じさせていただきます。

相談

入院費用について

当院の入院費用は日本産婦人科医会の標準料金に準じております。

病室の種類、休日、時間外、異常分娩等で異なりますが、自然分娩の場合、総費用は以下の通りです。


約42万~50万円(産科医療補償制度費含む)

休日、時間外、異常分娩、新生児、病室、検査、手術、などで異なります。

●前回当院で分娩された方は、入院費を 20,000円割引き させていただきます。

●出産育児一時金の医療機関直接支払制度を利用し窓口では出産育児一時金の支給額42万円との差額をお支払い下さい。

※退院時に入院費用の総額が一時金(42万円)の範囲内であれば現金等でお支払いいただく必要はありません。

入院費用が42万円未満で収まった場合、その差額をご自身で医療保険者に請求することができます。申請には領収書が必要ですので大切に保管して下さい。領収書の再発行はできません。

※直接支払制度の利用を望まれない方は、退院後にご自身で出産育児一時金を医療保険者へ請求することも可能です。

ページトップへ戻る